投稿者「staff」のアーカイブ

膝痛になった場合の対処の仕方

年齢を重ねた方、スポーツをしている方に特に膝痛は多いと思います。そういった場合に、どういった病態を疑うことがあるのか?簡単に紹介したいと思います。40代以上の年齢になった方で言えば、変形性膝関節症です。変形性膝関節症とは、骨の変形により、膝関節のかみ合わせが悪くなり、体重がかかった場合に、痛みが伴う病態のことです。安静時には、痛みはなく、歩いたり、立っていたりしたときにかなりの痛みを伴います。あまり痛みがひどい場合は冷却が必要になります。痛みが落ち着いてくれば、筋肉トレーニングが必須になります。20代~30代の若年層の方たちには、半月板の損傷や内外側側副靭帯損傷を疑います。普通に生活をしていて、膝が痛くなるということは若年層の方は考えることはあまりなく、足を使う激しいスポーツや高いところから着地したりなど、日常以外で、意識的に膝を使うことによってなにかしらの病態になることが多いです。激しく損傷する場合も確立として高いことが多いですので、痛みが強い場合や骨のヒビがはいってる場合を疑う場合は、整形外科にて、レントゲンをとっておく必要があります。若年者だと痛みを我慢してしまうことがよくあるので、のちのち、変形や痛みを残しくなければ、激しい損傷を疑う場合はレントゲンをとっておくことをおススメ致します。そののち、冷却や固定等の処置を考えればよいと思います。また10代の方ですと(16歳まで)、オスグッドシュラッター病を疑います。膝のお皿の下の真ん中に皮膚が薄く、骨を簡単に触診できる場所があります。そこに、もも前の筋肉、大腿四頭筋が付着しています。成長期に、スポーツ等で大腿四頭筋を酷使しすぎることによって、骨も長く太く成長する時期ですので、筋肉が骨の付着部を引っ張る頻度が多くなります。それが成長と比例して、骨を浮き上がれせてしまいます。それとともに、炎症が起きますので、痛みも炎症に伴って強くなっていきます。大腿四頭筋を緩めつつ、患部を冷やすことをしていけば次第に治まっていきます。

いずれにしても、膝が痛い場合は放置すると、歩行困難になる場合がありますので、早めの対処をおススメ致します。

整骨院の保険診療とは・・?

当院では、保険診療と自由診療の2種類のやり方から施術をお受けできます。料金表にもありますが、保険診療と自由診療とでは値段が違ってきます。

①保険診療

皆様お持ちの健康保険を使って施術を受けて頂けます。一般の70歳以下の方であれば、基本的には3割負担、70歳以上であれば、2割負担又は1割負担となります。ですが、当院は、これに元々自由診療を組み合わせたものがトータルの料金となりますので、おおくの整骨院とは少し違いがあるかもしれません。その分、時間をとって、必要なことを丁寧にやり、患者様に満足して頂きたいという思いからの料金とさせて頂いております。保険が使える基準としては、簡単に言うと日常生活の中で体を痛めてしっかり痛みがある方は使うことができます。多くの方はご理解してると思いますが、慢性のものや違和感、倦怠感など痛みの伴わない症状で使うことはできません。それから、ケガであり、負傷日あら10日以内でなければならないという規定もございます。負傷日から3日以内は基本的に急性、それ以降から10日までは亜急性といい、ここまでものであれば保険は使えることになっています。ちなみに亜急性とは慢性ほどではないが、症状が徐々に進行していくものをいいます。

➁自由診療

上記の保険診療でも少し触れましたが、これはわかりやすくいうと、100%、実費でも料金となります。自由診療というのは、各院で、自由に値段設定して大丈夫という意味で、決められた料金はなにもないので、院の方針で料金が決まります。

保険の対象かどうかわからないが使えますか?という問い合わせは少なくありません。ケガをしてしまった場合、仕事上でなければ、無条件で使えます。迷っている方はまずはお気軽にお問合せして頂ければお答えします。前述にあるように、仕事上のケガ(労働災害)や第3者行為(交通事故)によるもの以外は基本的に使うことができます。

 

五十肩・四十肩になりやすい人とは・・?

突然方が痛くなり、肩が挙がらなくなることを経験された方、30~60代の方で肩に不安があり、これは五十肩・四十肩なのか?と不安のある方、今現在は肩が特に痛むことはないが、周りに肩を痛がっている方がいて、疑問として、五十肩・四十肩とはなんなのか?肩の不具合による不安を抱えた方、肩がこれから痛くなるとしてどおしたら良いのか?ということを考えたことが無い人はほとんどいないと思います。それだけ肩は日常でよく使いますし、体の中で首と肩はかなりの広範囲、動かせるだけあって、たまに気になったりすることの機会が多いと思います。五十肩・四十肩とは、その名の通り、50代、40代の方に多くなる症状なのでこういった言い方をしますが、30代の方でもなりますし、高齢の方でももちろんなりうることはあります。原因としては、まだ詳しく解明されてはないのですが、肩関節内の滑液という潤滑油のようなものがあり、そこの循環がなんらかの原因によって、悪くなり、にごることによって、それを体が治そうとして、でる炎症により、強い痛みが発生して、肩が挙がらなくなります。では、どうしてこのような状態になってしまうのか?またどういうことをするとなりやすくなってしまうのか?私見にはなりますが、まずこの状態は動かさな過ぎてもなりますし、動かしすぎてもなりやすくなってしまうということです。適度に使うことがとても大事になってきます。では、適度な運動とはどういった運動かということですよね。簡単に言えば、重いものを持たず、長時間同じ肢位を保持しず、繰り返しの行動はやりすぎないということです。無理な窮屈な運動はいけないということですね。こういったことを注意しながら、普段の生活に取り入れながら適度に運動して頂くことによって、防ぐことができます。例えば、洗濯物を干す際に肘はできるだけ体の近くに保持させながら、上下運動を行い、使って頂いたり、風呂にはいって、頭を洗う際も同様です。体から遠くで使うことによってより多くの筋肉や一つの筋肉の負担が大きくなり、やがて関節に負担がいきます。ちょっとしたこつを意識しながら日常生活を送って頂くことで、五十肩・四十肩は防ぐことができます。

メニエール病をご存知でしょうか?

メニエール病というかなりマイナーな疾患で、周知してることも少ないかと思います。ただ、昔から頭痛持ちの方やストレス性の病気をお持ちの方は知っている方は少なくないかもしれません。病態としては、内耳にあるリンパ液が増えて、浮腫ができあがることだとされています。原因として、一番多いのはやはりストレスだと考えています。詳しい原因はまだ解明されていないのですが、症状を緩和させるにあたって、薬を常用することの他に休息や運動を規則正しくとることとなっています。従って、精神的にかかっている負担をいかに減らしていくかが症状を改善させる近道だと言えるのです。症状として強くでるのがやはり「めまい」だと思います。朝起きた瞬間からでる方もいますし、少しストレスのかかる作業をするとグルグルとしてしまうといったような症状は人それぞれだと思います。それに伴って、倦怠感や気持ちが悪い、頭が痛い、歩行困難などひどいと症状が重なってくると思います。メニエール病をなぜ紹介したかといいますと、肩こりや頭痛によるストレスも大いに関係あると考えるからです。肩こりや頭痛を抱えた状態で目を使う仕事を長時間したり、接客対応などのストレスを多く受ける仕事を毎日していたり、家庭内でも様々な理由でストレスがかかったりなどが常日頃から急にかかった場合になる確率が高いように見受けられます。いずれにしても、ストレスを長い期間、じりじりと感じているとある日突然めまいや吐き気、頭痛が強くでてくるというパターンが多いです。メニエール病は筋肉の張りや頭痛を軽減させることによって、肉体的にかかるストレスも取り除いていくことも重要です。それだけ肩こり、頭痛、メニエール病は併発していることが多く、セットだと考えてもいいぐらいです。我慢することはストレスにつながってしまいます。できるだけ体はしっかりケアを行い、気を使ってあげることによって肉体的なストレスを取り除いてあげることで、メニエール病も緩和していけることがあります。お悩みの方はご相談だけでもかまいませんので、お問合せください。

腰痛を我慢していませんか?

体の幹となる腰。背中から腰にかけては姿勢を維持する姿勢維持筋、インナーマッスル(腸腰筋)、様々な腹筋、回旋筋があることにより、腰部が円滑に動かせることになります。腰痛とは、筋肉に異常が起きるもの、関節に異常が起きるものに大きくわけられます。

①筋肉に異常が起こるものであれば、疲労が蓄積されていくことによって、腰が重かったり、倦怠感だったり、痛みだったりがでてきます。これは重いものを持ち上げたりする繰り返しの動作によるものだったり、一定の姿勢を長時間保持させてしまったが故の、筋力のパワーが落ちた状態で使っていて、筋肉にダメージを負ってしまった場合に大きく分けられると思います。いずれにしても、筋肉に異常がある腰痛は、喫緊ではなく、少しずつによる蓄積によって、少しずつ状態が悪化していくパターンが多いです。(ギックリ腰はまた別になります)ですから、普段から、腰に不安のある方は使い方を意識して生活を送ることがとても重要です。同じ体勢を長時間せず、こまめに体勢を変えることや中腰や重いものを持つ回数を減らすだったり、それぞれの生活スタイルを見直して悪化させないように日々を送っていくことが治療以外にとても大事です。

➁関節に異常が起こるものであれば、まずどこの関節が痛めているかを特定する必要があります。また、関節を痛めている場合はほぼ確実に炎症が出ていて、痛みも強い為、動かすことが困難になっている場合が多いです。脊柱を構成する椎骨と椎骨の間の異常なのか、仙骨と腸骨の間の仙腸関節部による以上なのか特定することが必要です。炎症がでている場合は冷却をしないといけません。最初の処置を間違い、温めてしまうと逆に悪化します。自分で判断してしまい、ストレッチをする方や風呂に浸かってしまう方、温めてしまう方、血行多いです。前述に述べたように筋肉の異常であればぎっくり腰でなければそれで構いませんが、関節の異常の場合は違いますのでよく理解する必要があります。

ちょっとした腰痛でも、軽く見て、放置してしまうと動くのもつらくなってしまい、毎日の生活が憂鬱になってしまいます。毎日、円滑に体を使いたい場合、ちょっとした異常が起きたことにどう対処するかがとても大事です。その積み重ねによって、毎日そこそこの状態で過ごしていけると思います。不安がある方は、まずは腰痛の知識を学びましょう。

寝違えはどのようなときにおきるのか?

寝違えとは、寝返りをうった際に、又は起きようとした際に急な筋収縮により、筋肉がその収縮に耐え切れずに、筋繊維がダメージを受けることによって、部分的に炎症が起きてしまうものを言います。これは、元々の筋肉の状態が悪く、疲労や前日の使い過ぎが原因である場合が多いですが、無理な体勢で横になっていた、又は長時間寝ていたことによって、筋肉が無酸素状態が長くつづいたことによって収縮がうまくできずになってしまうこともあります。これは、私の見解ですが、仮に首周り、肩甲骨周りの筋肉の状態が悪く、疲労や倦怠感があり、血行が悪く、寝違えになりやすい状態が高かったとしても、寝る体勢や首の体勢を気を付けていれば寝違えになる可能性はかなり抑えられると思います。

①硬い所に寝ない。

➁枕は必ず使用すること。枕が嫌でもタオルをたたむなどして、なにもない状態で寝ないこと。

➂枕は隙間をつくってしまうと効果がなくなってしまうどころか逆効果に働いてしまいますので、肩にぴったりつけて、頭を置くのではなく、首で寝るという意識で使ってもらうと良い。

➃起きた際に背中で起きるのではなく、腹筋で状態を起こすように癖をつけておくと首周りの筋肉をあまり使わくて済むので、急な筋収縮も弱い力で済むので、常に予防になる。

また、よく枕に対してどおしたら良いかということを聞かれますが、枕は個人的に合うものを使えばいいと思います。一般的に良いとされる理想のものはなくはないですが、それが万人の人に合うかと言われれば合わないという方が圧倒的多数です。高さや幅、クッション性が優れている高級な枕を買って改善したという方も少なく、大切なことは寝た時に、高さやクッション性を一番大切に考えて頂いて、それが一番合うものを探して使って頂くのが一番良いです。枕が嫌で低いものがいいという方も前述で述べたようにタオルを畳んで高さを調節して頂くのが良いです。いずれにしても長時間寝る場合は、必ず枕が必要で、枕は首の湾曲の隙間を埋めることによって筋肉の負担を和らげ、起きる時や寝返りをうったさいに寝違えを起こす確率を下げてくれますのでこういたことを意識すると良いです。

筋肉の役割とは?

体の活動にかかせない筋肉は、我々、施術する側にとっても重要で筋肉に対しての知識の基礎は知っておく必要があります。筋肉の役割は、収縮と弛緩を繰り返すことにより、体を動かし、運動ができるという重要な働きが生まれますが、他にも働きがあります。

①体温の保持

死亡や糖質を燃焼することによって、熱を生み出し、体温を維持します。体が発する熱の約40%は筋肉から発生するといわれています。

➁姿勢の維持

筋肉の収縮によって、関節を安定させ、姿勢を保つことができる。

➂内臓や骨の保護

内臓を保護する骨のない腹部では、それぞれの内臓が安定し、正常な働きができるように筋肉達が働き、保護をします。また、柔軟性のある筋肉があることによって、外部からの衝撃を和らげることもできます。

➃体液循環の補助

収縮と弛緩を繰り返すことによって、ポンプの役割があり、血液やリンパの循環を助けます。また、末端の上肢や下肢の体液循環では、心臓に血液やリンパを戻す為の重要な役割を担います。

筋肉にもこれだけの役割があり、体の健康を保つ上でも重要な役割があると言えます。筋肉の状態が悪くなれば、これらの役割に当然支障がでますので、日々のケアが大事です。倦怠感、不快感、疲れ、痛みなど筋肉が原因かな?と思うようなことがありましたら、我慢せずに体のメンテナンスを考えることをおススメ致します。

頭痛は迷わず医療機関を受診しましょう!

現代は、パソコンやタブレットスマートフォンの急速な発展により、これらを長時間作業してしまう、集中して画面の近くで見てしまう、体がきつい体勢で利用してしまうことによって、肩こりや頭痛、メニエール病、倦怠感、不快感など様々な症状がでる又は症状を助長させてしまっている原因をしてしまっている方が多くなってきていると思います。生活の中で、もはやかかせないものとなっていますので、きってもきれない関係になってきているのもたしかだと思います。その中で、使わないことは難しいので、使い方を気を付けていかなければならないと思います。一番問題なのは同じ筋肉を使い続けることです。それは同じ体勢を長時間していたり、圧迫していたり、同じ向きを向いていることなどです。筋肉疲労をなるべく防ぐためには、集中をしすぎないことが大事です。もちろんそれが仕事や好きなゲームであればあるほど、画面を多く見ますので、集中せざるを得ないこともあるでしょう。そこでしっかりと区切りを設けてやっていくことがとても大事であるといえます。いくら治療をしても普段の頭痛や肩こりの要因になるようなことを改善しなければずっとつらい症状が続いてしまいます。頭痛は頸部の筋肉も重要ですが、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋といった大きい筋肉を緩め、血行の改善をはかっていくことはとても大事です。頭痛に関しては眼精疲労も大きく関与し、眼精疲労がある状態から無理をして、目や筋肉を使っていると頭痛の原因になります。そこにストレスがかさなるとメニエール病のような疾患につながっていってしまうことも少なくありません。頭痛は薬で緩和させて、我慢して放置している人が多く見受けられます。そういったものも悪くはありませんが、やがて効能も長く飲み続けていると薄れてきて強い薬を常用していく方も多いです。物理療法をうまく自分の生活に取り入れて体のケアをしっかり考えて頂くほうが精神的にも肉体的にも楽になります。悩んでいる方は、病院や当院にまずはご相談ください。

疲れやすいかたは生活習慣と食事を気をつけましょう!

今のこの猛暑の中、疲れを強く感じる、又は毎日だるいなどの体に力が入らないという方、いらっしゃいませんか?日々の生活習慣が悪い(睡眠や休息が足らない)のは改善することは大前提ですが、食事をしっかりとることを意識することもとても大事です。疲労の状態が続きますと体の免疫にも影響し、病にかかりやすくもなってしまいます。その中で今回は、疲労物質「乳酸」について少し触れたいと思います。乳酸が体内に多く発生していると筋肉疲労が起こります。身体を動かしてエネルギーを消費することによって発生する物質ですが、適度な運動量であれば、通常の動きが行われ、他の物質に変化したり、排せつされます。これが、大量に発生すると体に蓄積され、細胞が栄養や酸素を取り込みにくくなって、血液循環が悪くなり、筋肉痛や筋肉の張りやコリ、冷え、頭痛などの症状がでやすくなってしまいます。そこで必要な栄養素として必要なのが、

①ビタミンb1

糖質からエネルギーをつくられるときに必要。

➁ビタミンB2

タンパク質、脂質、糖質の代謝に関与。不足するとエネルギーをうまく供給することができずに乳酸などの疲労物質が蓄積されやすくなる。

➂カルシウム

筋肉を円滑に動かすこと、精神的疲労・イライラを鎮める働きがある。

➃鉄

全身に酸素を運搬する働きがある為、不足すると運動能力が低下して疲労しやすくなる。

個々の細かい説明は別のブログで触れたいと思いますが、食事を気を付けるだけで体の調子を整えることもできますので、ぜひご活用ください。

デスクワークが増え、頭痛や肩こりの症状が増えています。

家にいる時間が増え、スマートホンやパソコンを使う方が多くなり、また画面を見る時間がとても増え、それに伴い、姿勢を固定してやることによって、同じ筋肉の収縮が起こり、同じ筋肉収縮を長時間してしまうことによって、血中に酸素不足が起こり、疲労物質が滞在しやすくなり、疲れや倦怠感、痛みがでてきてしまいます。こういった症状を防ぐには、まずは同じ体勢を長時間しないことを意識することです。これは明日からでも簡単にできることです。どんなに良い姿勢をしていても筋肉には耐久パワーがあります。それは人によって違うとは思いますが、それを超えて長時間使っていると症状がどんどん増強していってしまいます。まずは症状を改善しようとする前に、今自分が営んでいる仕事や私生活などの習慣や行動を見直すことがとても大事です。これをやらずして、症状の改善はありません。主観的に良くないと思う姿勢や行動、客観的に診て良くない姿勢や行動をすり合わせてまずは自覚し、少しでもそういったことを少なすしていくべきです。症状に関しまして、肩や首周りの筋肉はやはり肩甲骨がとても大事な役割をしていると考えています。頭痛や痛み、違和感、倦怠感がある方はまずは肩甲骨を動かす意識がとても大事になってきます。その際、一番大事なのはいかに脱力した状態で肩甲骨を動かせるかということがポイントになってきます。ただ単に動かすのは誰にでもできることですが、力を抜いて脱力した状態で体操をしたり筋肉トレーニングをすることは少し頭を使わないといけないのでうまくいかないことが多いです。これがうまくできるようになってくると体の使い方も覚えますし、なにより疲れの溜まり方が違います。なんでもちょっとしたコツが大事です。

当院では、施術はもちろんのことこういったストレッチや生活指導までをマンツーマンで時間をかけてやっています。もちろん、頭痛、肩や背中の痛み、違和感に対する施術で軽快又は改善するまでとことんお付き合い致します。お困りの際はぜひお問合せ下さい。