お知らせNotice

お知らせNotice

匠整骨院の耳寄り情報をお届け

五十肩・四十肩になりやすい人とは・・?

突然方が痛くなり、肩が挙がらなくなることを経験された方、30~60代の方で肩に不安があり、これは五十肩・四十肩なのか?と不安のある方、今現在は肩が特に痛むことはないが、周りに肩を痛がっている方がいて、疑問として、五十肩・四十肩とはなんなのか?肩の不具合による不安を抱えた方、肩がこれから痛くなるとしてどおしたら良いのか?ということを考えたことが無い人はほとんどいないと思います。それだけ肩は日常でよく使いますし、体の中で首と肩はかなりの広範囲、動かせるだけあって、たまに気になったりすることの機会が多いと思います。五十肩・四十肩とは、その名の通り、50代、40代の方に多くなる症状なのでこういった言い方をしますが、30代の方でもなりますし、高齢の方でももちろんなりうることはあります。原因としては、まだ詳しく解明されてはないのですが、肩関節内の滑液という潤滑油のようなものがあり、そこの循環がなんらかの原因によって、悪くなり、にごることによって、それを体が治そうとして、でる炎症により、強い痛みが発生して、肩が挙がらなくなります。では、どうしてこのような状態になってしまうのか?またどういうことをするとなりやすくなってしまうのか?私見にはなりますが、まずこの状態は動かさな過ぎてもなりますし、動かしすぎてもなりやすくなってしまうということです。適度に使うことがとても大事になってきます。では、適度な運動とはどういった運動かということですよね。簡単に言えば、重いものを持たず、長時間同じ肢位を保持しず、繰り返しの行動はやりすぎないということです。無理な窮屈な運動はいけないということですね。こういったことを注意しながら、普段の生活に取り入れながら適度に運動して頂くことによって、防ぐことができます。例えば、洗濯物を干す際に肘はできるだけ体の近くに保持させながら、上下運動を行い、使って頂いたり、風呂にはいって、頭を洗う際も同様です。体から遠くで使うことによってより多くの筋肉や一つの筋肉の負担が大きくなり、やがて関節に負担がいきます。ちょっとしたこつを意識しながら日常生活を送って頂くことで、五十肩・四十肩は防ぐことができます。

ご相談
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE