お知らせNotice

お知らせNotice

匠整骨院の耳寄り情報をお届け

腰痛を我慢していませんか?

体の幹となる腰。背中から腰にかけては姿勢を維持する姿勢維持筋、インナーマッスル(腸腰筋)、様々な腹筋、回旋筋があることにより、腰部が円滑に動かせることになります。腰痛とは、筋肉に異常が起きるもの、関節に異常が起きるものに大きくわけられます。

①筋肉に異常が起こるものであれば、疲労が蓄積されていくことによって、腰が重かったり、倦怠感だったり、痛みだったりがでてきます。これは重いものを持ち上げたりする繰り返しの動作によるものだったり、一定の姿勢を長時間保持させてしまったが故の、筋力のパワーが落ちた状態で使っていて、筋肉にダメージを負ってしまった場合に大きく分けられると思います。いずれにしても、筋肉に異常がある腰痛は、喫緊ではなく、少しずつによる蓄積によって、少しずつ状態が悪化していくパターンが多いです。(ギックリ腰はまた別になります)ですから、普段から、腰に不安のある方は使い方を意識して生活を送ることがとても重要です。同じ体勢を長時間せず、こまめに体勢を変えることや中腰や重いものを持つ回数を減らすだったり、それぞれの生活スタイルを見直して悪化させないように日々を送っていくことが治療以外にとても大事です。

➁関節に異常が起こるものであれば、まずどこの関節が痛めているかを特定する必要があります。また、関節を痛めている場合はほぼ確実に炎症が出ていて、痛みも強い為、動かすことが困難になっている場合が多いです。脊柱を構成する椎骨と椎骨の間の異常なのか、仙骨と腸骨の間の仙腸関節部による以上なのか特定することが必要です。炎症がでている場合は冷却をしないといけません。最初の処置を間違い、温めてしまうと逆に悪化します。自分で判断してしまい、ストレッチをする方や風呂に浸かってしまう方、温めてしまう方、血行多いです。前述に述べたように筋肉の異常であればぎっくり腰でなければそれで構いませんが、関節の異常の場合は違いますのでよく理解する必要があります。

ちょっとした腰痛でも、軽く見て、放置してしまうと動くのもつらくなってしまい、毎日の生活が憂鬱になってしまいます。毎日、円滑に体を使いたい場合、ちょっとした異常が起きたことにどう対処するかがとても大事です。その積み重ねによって、毎日そこそこの状態で過ごしていけると思います。不安がある方は、まずは腰痛の知識を学びましょう。

ご相談
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE