お知らせNotice

お知らせNotice

匠整骨院の耳寄り情報をお届け

筋肉の役割とは?

体の活動にかかせない筋肉は、我々、施術する側にとっても重要で筋肉に対しての知識の基礎は知っておく必要があります。筋肉の役割は、収縮と弛緩を繰り返すことにより、体を動かし、運動ができるという重要な働きが生まれますが、他にも働きがあります。

①体温の保持

死亡や糖質を燃焼することによって、熱を生み出し、体温を維持します。体が発する熱の約40%は筋肉から発生するといわれています。

➁姿勢の維持

筋肉の収縮によって、関節を安定させ、姿勢を保つことができる。

➂内臓や骨の保護

内臓を保護する骨のない腹部では、それぞれの内臓が安定し、正常な働きができるように筋肉達が働き、保護をします。また、柔軟性のある筋肉があることによって、外部からの衝撃を和らげることもできます。

➃体液循環の補助

収縮と弛緩を繰り返すことによって、ポンプの役割があり、血液やリンパの循環を助けます。また、末端の上肢や下肢の体液循環では、心臓に血液やリンパを戻す為の重要な役割を担います。

筋肉にもこれだけの役割があり、体の健康を保つ上でも重要な役割があると言えます。筋肉の状態が悪くなれば、これらの役割に当然支障がでますので、日々のケアが大事です。倦怠感、不快感、疲れ、痛みなど筋肉が原因かな?と思うようなことがありましたら、我慢せずに体のメンテナンスを考えることをおススメ致します。

ご相談
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE