お知らせNotice

お知らせNotice

匠整骨院の耳寄り情報をお届け

デスクワークが増え、頭痛や肩こりの症状が増えています。

家にいる時間が増え、スマートホンやパソコンを使う方が多くなり、また画面を見る時間がとても増え、それに伴い、姿勢を固定してやることによって、同じ筋肉の収縮が起こり、同じ筋肉収縮を長時間してしまうことによって、血中に酸素不足が起こり、疲労物質が滞在しやすくなり、疲れや倦怠感、痛みがでてきてしまいます。こういった症状を防ぐには、まずは同じ体勢を長時間しないことを意識することです。これは明日からでも簡単にできることです。どんなに良い姿勢をしていても筋肉には耐久パワーがあります。それは人によって違うとは思いますが、それを超えて長時間使っていると症状がどんどん増強していってしまいます。まずは症状を改善しようとする前に、今自分が営んでいる仕事や私生活などの習慣や行動を見直すことがとても大事です。これをやらずして、症状の改善はありません。主観的に良くないと思う姿勢や行動、客観的に診て良くない姿勢や行動をすり合わせてまずは自覚し、少しでもそういったことを少なすしていくべきです。症状に関しまして、肩や首周りの筋肉はやはり肩甲骨がとても大事な役割をしていると考えています。頭痛や痛み、違和感、倦怠感がある方はまずは肩甲骨を動かす意識がとても大事になってきます。その際、一番大事なのはいかに脱力した状態で肩甲骨を動かせるかということがポイントになってきます。ただ単に動かすのは誰にでもできることですが、力を抜いて脱力した状態で体操をしたり筋肉トレーニングをすることは少し頭を使わないといけないのでうまくいかないことが多いです。これがうまくできるようになってくると体の使い方も覚えますし、なにより疲れの溜まり方が違います。なんでもちょっとしたコツが大事です。

当院では、施術はもちろんのことこういったストレッチや生活指導までをマンツーマンで時間をかけてやっています。もちろん、頭痛、肩や背中の痛み、違和感に対する施術で軽快又は改善するまでとことんお付き合い致します。お困りの際はぜひお問合せ下さい。

ご相談
お問合せ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE